編物の本、洋裁の本、和裁の本、刺しゅうの本、レース編みの本、レトロな手芸の本と雑誌のバックナンバー&演劇のパンフレット他▼・ェ-▼

▼・ェ・▼ゞ

  


▼・ェ・▼ゞ


visitor ?

ホーム小説・文学植村直己の冒険を考える
▼・ェ・▼ゞ
商品詳細

植村直己の冒険を考える[W218]

販売価格: 700円
[在庫数 1冊]
数量:
【単行本】植村直己の冒険を考える
本田勝一・武田文男・編

…■1985年10月5日第3刷  ■発行所:毎日新聞社 
…■138×196mmサイズ 250ページ 375g 
…■本の厚さ21mm
---------------------------//RETROBOOKS//---------------------------
**発行年より30年経過しています**

★ハードカバー・表紙カバーつき ★定価1,000円


★もくじ★
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 はじめに 植村直己を「南極のスコット」にするな…………………………武田文男 1
前編――生前の植村直己をめぐって
 北極点への出発を前にして…………………………植村直己(聞き手=疋田桂一郎)16
 現代の『マスコミ冒険』への疑問……………………………………………武田文男 22
 植村直己式冒険の「これまで」と「これから」…植村直己(聞き手=本多勝一) 36
 植村直己論………………………………………………………………………本多勝一 57
 植村直己・抄………………………………………………………………………山田新 61
 マッキンリーで冒険を語る……………………………植村直己(聞き手=大谷映芳】74
後編――遭難のあとに考える
 植村直己氏遭難取材記……………………………………………………………竹内準 94
 山岳部先輩としてのせつなき想い…大塚博美(聞き手=武田文男・本多勝一) 108
 植村さんにおける学術志向…………………………………………………樋口敬二 140
 植村さんの装備について思うこと……………………………………………安田武 155
 植村直己の遺したこと……………………………西堀栄三郎(聞き手=向一陽) 168
 直己の冒険の現場に接しつづけて…三浦雄一郎(聞き手=武田文男・本多勝一)176
 「映画のロケ」化していった冒険の悲劇………樋口敬二(聞き手=本多勝一) 201
 堀江謙一的功績と反面教師的功績と……………梅棹忠夫(聞き手=本多勝一) 215
 おわりに 五人の冒険者を考える…………………………………………本多勝一 239
 付録 植村直己氏年譜………………………………………………………………… 247

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス